薄毛のためのワックス講座
※薄毛のワックスの付け方やおすすめとか

刈須磨ジョージ@記事冒頭

刈須磨ジョージです。

髪の毛が薄くなってしまえば、少しでも多く見せようと、努力してみる人もいますよね?それでワックスを使おうとするのは、ちょっと待ってください!もちろん今のワックスは質のいいものが多く、髪の毛にやさしいものだって多くあります。

しかし薄毛の人がボリュームを多くしようと、使うのはまだ早いです!正しい使い方を把握してから、うまく使いこなせば問題ないので、そこは安心してくださいね。

さらにいうと頭皮にやさしいワックスだってあるので、選び方だって知っておいてほしいです。うまくワックスと付き合っていけば、薄毛をカバーできるようになるので、頭に入れておいてくださいね。

薄毛でも使いたい!でもワックスは頭皮に良くない?

もともとワックスというのは、整髪料として世に出されたもの。髪の毛をコーティングさせて束感を出せてしまい、さらにそれを固めることも可能です。ちなみに薄毛の人もワックスは使えないことはないですが、基本的に避けておいたほうが無難!それは先ほど出たキーワードであるコーティングです。

基本的にワックス以外の整髪料も避けるべき

髪の毛をセットするために使うものがワックスの主な役割ですが、薄毛の人にとって大きな問題になる頭皮と、相性がよくないものでできています。それは髪の毛を膜で覆ってしまい、固める成分ばかりでできているからです。

固めるということはしっかり吸着してしまうわけですから、もし頭皮にワックスがついてしまったら、毛穴につまってなかなかそれが取れなくなってしまう可能性が…。詰まるだけならまだいいのですが荒れてしまって、カブれる人もいるくらいワックスは、強い成分でできています。

それではせっかくワックスで薄毛を隠そうとセットしても、徐々に薄毛が進行してしまい、隠せなくなってしまいますよ!

もちろんワックス以外にも、固まる整髪料はたくさんありますが、すべて頭皮にはあまりよくありません。薄毛を改善したいのなら、基本的にワックスの使用は控えましょうね。

髪を洗うのが大変で頭皮を痛めやすい

上記でも紹介したように、ワックスが頭皮についてしまうと、入っている成分によって荒れてしまう可能性があります。それはお水などで薄まった状態になっても、頭皮が敏感になった薄毛の人にとって、ダメージの程度は変わりません。

ですからあまり長い間頭皮につけないように、サッと洗い流すのが1番いいのですが、ワックスをおすすめできない大きな理由があります。それはベッタリ付いたワックスを、なかなかきれいに洗えないこと。何度もシャンプーで洗わないと落ちないわけです。

何度もシャンプーを使っていると、いくらいいシャンプーでも頭皮に必要な皮脂が流れてしまい、もっと敏感にさせてしまいます。つまり今よりダメージが受けやすくなってしまうでしょうね。

これは薄毛の進行をさらに進めてしまうので、洗いすぎはなるべく避けるべきです。

頭皮につけないようにワックスを使っても結局溶ける

ここまで紹介した注意点を守って、ワックスが頭皮につかなければOK!と、軽はずみで使うのもいけません!たしかにワックスがつかなければ荒れる心配がないので、気にしなくていいですが、そのワックスが溶けてしまえば頭皮に到達してしまいます。

ワックスは溶ける心配がない!と思うでしょうが、熱などによって溶けるのが当たり前!セットしたあとでも髪型をなおしやすくするために、わざと溶けやすくしているんです。

溶けたワックスが毛穴をつまらせてしまい、さらには炎症を起こして荒れてしまう可能性は大!それを知ったうえでワックスを使ってくださいね。要するにワックスを付けた以上は、しっかり頭皮をケアする対策をとっておきましょう。

炎症を沈める育毛剤や、保湿するものを頭皮にしっかり浸透させるなど…。ワックス対策は意外に色々あります。

頭皮に優しいヘアワックスってあるの?

じつは他にもワックス対策があるのをご存知でしょうか?それはワックスそのものを、薄毛の人に対して合ったものに変えてあげればいいんです。

言い方を変えれば、頭皮にやさしいワックス!いくら頭皮についても害が少なければ、とくに薄毛が進行することはありません。

もちろんそんなワックスが存在するので、どんな特徴があるものなのかチェックしてみてくださいね。

自然由来のものが使われていれば大丈夫!

頭皮が荒れてしまう大きな原因は、まず化学的に作られた自然界にない成分が、頭皮についてしまった場合!もともとワックスは頭皮についてしまうのを、前提で作られていないので、刺激が強い化学的な成分ばかりなんです。

そこでワックスの成分が、自然由来の成分ばかりのものを選んでみてください。食べ物が皮膚についても、アレルギーでない限り、荒れる心配もないでしょう。それと同じでワックスもそんな成分ばかりのものなら、別に頭皮についても問題ありません。

ついてもすぐとれる!洗い流しやすい成分

洗い流しやすい成分のワックスが良い

ワックスのもうひとつの問題が、何度も洗い流さなければいけないというデメリットです。

髪の毛をセットするのが目的なのはわかりますが、薄毛を進行させては意味がありません。ですからセット力があまりないもののほうが、頭皮に対してはうれしい特徴です。もちろん頭皮について毛穴をふさいでも、洗って流れてしまうなら、詰まることもないでしょうね。

\薄毛でもお洒落でいたい/
ワックスを使った頭皮ケアに

薄毛におすすめのワックスってどんなもの?

確かに頭皮にやさしいものを使うのは理にかなっていますが、髪の毛をうまくセットできなければ、ワックスとしてうまく機能しません。そこで薄毛の人の髪質に合ったワックスの特徴も、一緒に見てみることにしましょう。

頭皮につかなければOK!マット系のワックス

まず髪の毛をセットするなら、ツヤのないマットタイプがおすすめ!それはワックスを付けたように見えないので、薄毛の部分を増やしたようにセットしても、ほとんどの人が気付きません。しかも今流行の自然な髪の毛に仕上げられます。

本来なら頭皮にあまりよくない成分でできているものですが、オーガニック系のワックスでもマッド系に見える種類があるので、とくにおすすめです。

全身使えるオーガニック系ワックスがおすすめ

これらの特徴をすべて兼ね備えているのが、オーガニック系ワックス!ほとんどの成分が自然由来のものになっており、しかもハンドクリーム代わりになるほど安全なものが多いんです。

とくにパシフィックプロダクツの、ナチュラルオーガニックスタイリングクリームは、薄毛の人にピッタリのワックスでしょう!セット力も3種類用意されており、しかもコスパがいいと評判です!

ちなみに会社の名前を聞いたことがないと、少し不安に思うかもしれませんが、オーガニックシャンプーをメインに作っているところ。自然由来の商品ばかりを作っているので、ワックスも安心して使ってくださいね。

パシフィックプロダクツ アブリーゼ ナチュラルオーガニック スタイリングクリーム2 80g

薄毛のワックスでのセットの仕方を紹介

薄毛の人がとくに気になるところが、ワックスのセットの方法でしょう。これは髪型によって大きく変わりますが、基本を把握できていれば問題ありません。

その基本というのは、

  1. まず根元をフンワリ立たせましょう!
  2. それにはワックスではなく、ドライヤーを使うこと。
  3. お湯で濡らした髪の毛をタオルで拭き、
  4. そのあとに根元からしっかり乾かします。

この乾かすときにフンワリさせるために、握りながら乾かしてください。ちなみに形がつくのは乾ききったときなので、水分が残っているときは、まだ握りこまなくてかまいません。そして根元がフンワリしたら、やっとここでワックスの登場です!

ちなみに薄毛の人がワックスを多く付けすぎてしまうと、ワックスの重みで髪の毛がペタンコになってしまいます。より薄毛が強調されてしまうので、付ける量に気を付けてくださいね。少しずつワックスを手に取るのがポイントです!そして髪の毛が多いところから順番につけていきましょう。

  1. 後頭部は薄毛の人でも髪の量が多いところなので、毛先にだけつける。
  2. 次はサイドを付けていくのが無難!毛先にだけつける。
  3. 人によって違いが出るのはココ!頭頂部が少ないなら前髪、前髪が少ないなら頭頂部につける。
  4. 最後に残った部分にワックスをつける。ワックスを付け足さずに、手に余ったものをつけるのがベスト!

毛先にだけつける方法がわからないのなら、基本的に手の平にワックスをつけて、こすり合わせるように髪の毛につけてください。すると自然に頭皮につくことがありません。もちろん微調整する場合は、指先を使うのが無難です。少量ずつつけて様子を見てくださいね。

フンワリをキープさせられそうにないなら、頭皮につかないように、床と平行にスプレーを吹き付けましょう。すると髪の毛だけがフンワリした髪型のまま、キープされているはずなので、セット力が持続します。

もちろんスプレーを吹いたあとは、しっかり頭皮をケアしてあげてくださいね。

まとめ:薄毛の人はどんなワックスを使ってもしっかりケアはしよう

髪の毛をセットしておしゃれに見せたいのは、男性なら誰でも同じです。しかし薄毛の人は頭皮のことを気にしないといけないため、ワックスが使える範囲が少なくなってしまいます。

もちろんワックスは使っていいのですが、頭皮のケアをしっかりしてくださいね。薄毛を進行させる原因になってしまいます。頭皮にやさしいオーガニック系ワックスでも同じで、頭皮をケアしたほうがいいですよ。

コーティングされているわけですから、毛穴に詰まりやすいのは同じ。荒れないからと何もしないのはよくありません。頭皮ケアができる人なら、積極的にワックスを使っても問題ないですよ!

おまけ:薄毛のためのワックスの付け方動画@You Tube

You Tubeにアップされている薄毛のためのワックスのつけ方がわかる動画をまとめてみました。

【前髪命】GATSBYヘアワックスとVO5ハードスプレーを使ったハゲを隠すスタイリング方法

前髪はガチガチにスプレーで固めています。ハードなスプレーを使うのは抵抗を感じますが、実用的ではある動画です。

【刺激注意】薄毛を盛るためのエアー注入法


痛そうだし、抜けてるし、ちょっとやりたくない感じですが、それなりの仕上がりにはなるようです。

【アンファー提供】つむじハゲのためのナチュラルモヒカンのセットの仕方

地肌に付かないように、というのはできていないかも知れませんが、オーガニック系のワックスを使えば問題ない、やりやすいセットの仕方です。

\今から、しっかり育てる。/
ワックスを使うならやっておきたい頭皮ケア

薄毛の髪型【元美容師厳選】ハゲでも似合うヘアスタイル」をもっと見てみる


The following two tabs change content below.

刈須磨ジョージ (かりすまじょうじ)

30代半ばの元美容師。手荒れに悩まされ美容師継続を断念。薄毛対策は生活習慣、食事の見直しなど健康面からのアプローチが正攻法だと考えます。