【正しい】チャップアップの使い方【ローション】30プッシュの迷信
峯岸ジル@記事冒頭

どうも、峯岸ジルです。

実はですね、正しいチャップアップの使い方って意外とちゃんと書いてるブログが少ないことに気付いてしまったんです。

そこで、この記事では、チャップアップの使い方について、正しいやり方・本当の使用量などを解説していきます。

チャップアップは1日1回or2回、朝晩、どのタイミングが正解?

チャップアップを買うと箱に入っている『薄毛改善指南書』という18ページの小冊子があります。そこには、下の画像のように書いてあります。

チャップアップは1回30プッシュ?

『薄毛改善指南書』のチャップアップの使い方より

乾いた頭皮に1回30プッシュ塗布します。
※気になる部分だけでなく全体にプッシュしてください。より効果を促進させたい場合は、朝晩30プッシュずつで1ヶ月2本ご使用いただくとより効果的です。

薄毛改善指南書より

チャップアップの1回の使用量は4ミリリットルのはず…

ところが、ここからが情報が古いままのケースが多いんです。

今のチャップアップのボトルは、おそらく3代目なんです、初代はとんがりノズルキャップで、直接先から頭皮に当てて塗るタイプでした。先代の2代目のボトルの頃は、今のようなジェットタイプのローションの発射ではなく、霧状の噴霧するような感じの出口でした。

その頃は、確かに26回から30回くらいのプッシュで4mlになっていました。

ところが!今の3代目のボトルに変わったのと同時に、ジャット式で勢いよく頭皮まで届くタイプにかわりましたが、出る量も増えました。

その証拠に、下の動画をご覧ください。チャップアップを『薄毛改善指南書』通りに30プッシュして、その重さを量りました。※1mlを1gと計算してみました。

【チャップアップ30プッシュ:1回目】⇒5.38g

30プッシュで5.38gということは、1プッシュは0.17933333333となります。四捨五入して0.18gとしましょう。

4mlにするためには、22.2222222222プッシュで十分なんです。

実際に、1プッシュ0.18gを30プッシュで使い続けると、1本120mlのチャップアップローションは、666.666666667プッシュできることになります。四捨五入して667プッシュとしましょう。

667プッシュを1回30プッシュで割ると、22.2333333333回使えることになります。四捨五入して22回分としましょう。

  • 1日1回使う場合:22日分
  • 1日2回使う場合:11日分

どうでしょうか?『薄毛改善指南書』では、チャップアップローションのボトル1本は、1ヶ月分となています。

しかし!油断させておいてたくさん使わそうという戦略でしょうか!(笑)

まあ、冷静に計算すればいいんですけど、

  • 667プッシュを1日1回、1ヶ月で使い切る場合:1回22プッシュ
  • 667プッシュを1日2回、1ヶ月で使い切る場合:1回11プッシュ

ずつ使えば良いということです。

ちなみに、合計5回量ってみました(笑)

【チャップアップ30プッシュ:2回目】⇒5.32g

【チャップアップ30プッシュ:3回目】⇒5.41g

【チャップアップ30プッシュ:4回目】⇒5.38g

【チャップアップ30プッシュ:5回目】⇒5.40g

おおよそ、計算通りでいけそうです(笑)

もちろん、1ヶ月に2本のチャップアップローションを使う『超即育毛定期便』を使うなら、

  • 1,334プッシュを1日1回、1ヶ月で使い切る場合:1回44プッシュ
  • 1,334プッシュを1日2回、1ヶ月で使い切る場合:1回22プッシュ

ということになります。

1回に44プッシュも使うとズブ濡れになりますが(笑)

これ、ボトルが変って1プッシュの量が増えたのって、昔の味の素の話を思い出しました。味の素を使うときの卓上瓶の穴を大きくして売上げアップを計ったとか。

でも、実は穴を広げたのではなく、口の面積を増やして穴の数が増えたんだとか。都市伝説みたいになってますが、実際にあった話なんですね。


朝と晩、どちらが良いの?

1日1回の使用の場合には、やはり風呂に入って温めて、毛穴を開かせて、しっかりとシャンプーで皮脂や汚れを落として、ドライヤーでしっかり乾かして、そこへ使う方が良いです。

となると夜が多いですし、しっかりとケアしてから寝ることで頭皮頭髪の健康にも役立ちますね。

しかし、「継続は力なり」です。朝に使うことがあっても、使い続けることが大切です。


チャップアップを使う前は濡れた髪をドライヤーで乾かす

晩でも朝でも、チャップアップを使う前にシャンプーができる場合は、しっかりと洗ってしっかりと乾かすことで、毛穴が清潔な状態で頭皮に成分が届くようになります。

ぜひ、晩に1回だけの場合は、入浴しシャンプーをしてからチャップアップを使うようにしましょう。

薄毛が気になる人こそ、優しくしっかりと乾かしておきたいですね。

ドライヤーの時間を短くして、髪の毛が痛むのを防ぐためにも、ドライヤーの前のタオルドライが大切です。



チャップアップを塗布する

実際に22プッシュしてみたところです。プッシュするたびに液垂れしますので、「こまめに頭皮にすり込むというか浸透させながら塗り込む」という感じです。

『薄毛改善指南書』の『推奨ご使用方法』に沿ってやってみました。

推奨ご使用方法

チャップアップ公式おすすめの方法

頭皮マッサージを行う

必要な量のチャップアップローションを塗布したら、優しく頭皮マッサージをしましょう。

あまり激しく長い時間する必要はありません。

『薄毛改善指南書』にも、簡単な頭皮マッサージの説明は載っていますが、テレビでもおなじみの3710神様倶楽部の板場忠則氏の頭皮マッサージ動画を参考にしてください。


動画内で出てくるツボ『天柱』と『風池』はGoogle画像検索で確かめてください。⇒『天柱・風池



チャップアップを塗ったあとでドライヤーしても良い?

チャップアップを塗布して、頭皮マッサージしても髪の毛が濡れている感じがしている時は、ドライヤーで乾かしてもOKです。

濡れたままだと、菌が繁殖する可能性もありますので、ドライヤーで乾かして頭皮環境を清潔に保ちましょう。

チャップアップ1本で使える期間は?

ここまでで説明してきたように、チャップアップの公式アナウンスとしては、チャップアップローション1本は1ヶ月分となります。

しかし、1日1回30プッシュでは使いすぎになります。次の『まとめ』でまとめます。

まとめ

チャップアップの使用量

  • 1日1回使用で1ヶ月で1本を使う場合:1回22プッシュ
  • 1日2回使用で1ヶ月で1本を使う場合:1回11プッシュ
  • 1ヶ月2本使う場合:それぞれの倍のプッシュ

更に、

  • チャップアップ使用前は、シャンプーして乾かした状態で使いたい。
  • 朝と晩の2回使えれば良いが、安いものではないので朝か晩のどちらかでも良い。
  • 1日1回の場合は、晩の入浴でのシャンプー後に使うのが好ましい。
  • 塗布したら優しく頭皮マッサージをして頭皮になじませる。
  • 頭皮マッサージ後も髪の毛や頭皮が濡れている場合は速やかにドライヤーで乾かす。

以上、チャップアップの使い方でした。